TOP > 無題
今週の格言:「人生を左右するのは、運命の力である。
運命を左右するのは、人間の意志の力である 」 
by (大上尤二郎)


週間目標:国:センター古文問題集(望月実況中継)進めよ! 数:<河合春期>トップ医進テキスト完全消化!医学部攻略の数学IAⅡB 進めよ! 英:<河合春期>トップ総合英語予習 英文法 やり直し! 英文法・語法 進めよ! 読解トレーナー 一日一文せよ!
化学:<河合春期>トップ化学完全消化! 新化学入門進めよ! 物理:物理教室+エッセンス+新体系物理で復習着実に!

 ← 無題 | TOP | 無題

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


無題 

2007年11月12日 ()
また重い話。しかもダラダラ考え付くもの全て書き出すから長いこと・・。
でも今後の僕を確立するかもしれない大事な事だと思うんです。






















祖父は自宅療養から入院に代わった。救急車を見たのは久しぶりだった。
その後塾へ行った。9;54の電車に乗る。帰ってきて、6:05。
弟がリビングを出て母と二人きりになって祖父の話を始めた。僕は、祖父の死を、案外軽く話す母の口調がとても嫌だった。まだ決まったわけでもないのに。
だから僕はせめてもの抵抗で、会話中一切「死ぬ」とか「亡くなる」とかいう言葉は使わなかった。
そして、驚くべき事実を知る。「まぁ、あんただし、今だからいうけど」と前置き。

祖父は、膵臓がんだった。それも、去年の春に余命3ヶ月、はやければ1ヶ月という診断だったそうだ。
僕は高校入学で忙しい中だったし事が事だったので、祖母が僕には言わないように、といっていたらしい。
「もう何時何が起きるかわからない状態だから、いざという時、学校に連絡が着たら、病院は近いから・・」それを論じる意味は、確かにある。
でも僕は、皆が祖父が居なくなることばかり考えてるのが嫌でたまらない。

そんな母でも、突然「延命治療の有無」を確認された時は吃驚したらしい。
僕はこの言葉を、最近の時代の言葉、もしくは、テレビの中の言葉。そういう遠い言葉と思っていた。
そうか。これが、患者側の気持ちなのか。

母と、父の妹(叔母さんというのか?)と母の三人。母は流石に答えるつもりはなかったらしいが、二人は、即座に「しないでください」と答えたらしい。
叔母はまだ若いが、看護士をやっている為「生かされている患者」の姿を生で見てきている。彼女は、どうしてもその光景は良いものではないと考えているらしい。
祖母は、祖父がそういう苦痛を伴う事を非常に嫌っているのを良く知っていた。

僕はテレビのバレー放送をおでんを食べながらずっと話を聞いていた。
親の手前、泣くわけにはいかなかったが、目がじわじわと痛かった。
「ふーん」と何もないような受け答えして、頭の中では混乱していた。

膵臓がんについてネットで調べてみた。前から膵臓がんは見つかった時が末期、というのは何かで知っていた。
放射線も、抗がん剤も、手術療法も効果的な実績をあげられない。
暗黒の大陸。

もし僕が将来薬学を学ぶのなら、絶対こいつを滅ぼしてやろう、と確信した。それが医者の仕事がどうかは知らないけど。とにかく、この膵臓がんとかいう輩だけは、許せないのだ。
もし僕の一生をもってこいつを滅ぼせるのなら、喜んで一生を捧げる覚悟がある。

最初に書いたが、祖父は去年の春に余命3ヶ月の診断だった。
ということは、既に一年以上予想外の生存を維持しているということ。
何度か「奇跡的」と形容されるほどの回復を見せた、気が小さいが、強い祖父である。
僕は祖父が居なくなるとは思わない。僕が通うことで少しでも良い影響があるなら毎日学校帰りに寄ってもかまわないし、事実そうするつもり。


今年の2月ごろ、入院はしていたがまだ元気だった祖父に、学校帰り、お見舞いついでに模試の結果を見せに行った。
総合、校内2番。その内容までも理解していたかどうかは分からないが、祖父はとても喜んでいた。
幼少の頃難病にかかった僕を見て、勉強なんかしなくても、健康に育って暮れさえすれば良い、と思っていたらしい祖父は、勉強に目覚めた僕に驚いていた。
そうして、しきりに「自慢の孫だ」と僕を褒めてくれていた祖父の姿は、今はもう無い。








ブログに書くと、気が楽になる。
誰にも相談できないことを気兼ねなく書くことが出来る。
たとえそれが自己満足だとしても。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.11.12(Mon) 00:44] 未分類Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 無題 | TOP | 無題

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://scourse.blog86.fc2.com/tb.php/134-5acba97a
 ← 無題 | TOP | 無題

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。